イキテル 成分

MENU

イキテルの3つの成分

ヤクルト化粧品イキテル(ikitel)には
うるおいを高める3つの乳酸菌由来成分が配合されています。

 

 

 

うるおす

乳酸菌発酵エキス(ミルク)は、肌にもともと存在するうるおい成分、
天然保湿因子と似た性質なので肌になじみ、保湿効果があります。

 

ハリを与える

ビフィズス菌発酵エキス(大豆)は、肌にハリを与える効果が期待できます。

 

うるおいをたもつ

高分子ヒアルロン酸は、分子量が大きく高い水分保持力を持っています。
だから、肌をしっとりさせてくれるわけです。

 

 

そのほかにも、植物由来の保湿成分

 

ローズマリーエキス
薬用、食用をはじめ、観賞用としても活用されている植物。抗菌性、
抗酸化効果、消炎効果、収れん効果に優れています。
保湿、刺激効果もあり、皮膚コンディショニング剤や緊張剤としても使われています。
京都大学による研究では、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどを生成する力を高める効果もあるということが判明。
ハリを与え肌をみずみずしく蘇らせる効果を期待できます。

 

オクラエキス
オクラエキスとは、植物のオクラの実から抽出されたエキスです。
オクラにはビタミンAやビタミンB1、ビタミンCといったビタミン類が豊富に含有されています。
オクラエキスに含まれるビタミンAには、肌を柔軟に保つ効果や、
保湿効果が期待できます。

 

ボタンエキス
ボタン科の植物のボタンの根の皮からエタノールで抽出したエキス。
鎮痛、鎮静、消炎、血行促進などの働きをもち、肌あれやアンチエイジングの効果も期待できます。

 

など、保湿効果が期待できる成分をたっぷりと配合。

 

これ1本でしっかりと保湿してくれますので、使っていると、
肌にハリが出て、みずみずしくなってきますよ!

 

 

保湿成分たっぷりのイキテル(ikitel)化粧水は下記からどうぞ!

今ならキャンペーン価格で購入できます!