乳酸菌 イキテル

MENU

なぜ乳酸菌が化粧品?

ヤクルト化粧品「イキテル」はしっかり保湿してくれる
うるおい化粧品です

 


「イキテルローション」

 

そもそも、なぜ乳酸菌飲料のヤクルトが化粧品を開発したんでしょう?

 

その理由は、「乳酸菌のチカラ」でした。

 

 

お腹に良い乳酸菌を「肌」にも活用できないか?

 

内側と外側から、「乳酸菌のチカラ」を活かして、本質的な美しさと
健康を提供する、ヤクルト独自の「健腸美肌」という考え方。

 

 

実は、昭和20年代から化粧品開発は進められていたようです。

 

当時は乳酸菌発酵エキスを配合した「ヤクルト アストリン」、
「ヤクルト クリーム」といったラインナップだったようです。

 

 

 

歴史がありますね。

 

 

実はこの化粧品開発、意外な発見から始まったようです。

 

当時のヤクルト従業員の方は、回収してきたビンの容器を
水で手洗いしていました。

 

それにもかかわらず、手が荒れず、すべすべしていることを研究者が発見!

 

乳酸菌のうるおい成分が、肌を守っていることがわかったんです。

 

そこから、研究が始まったようですよ。